RimWorld

ゲームレビュー

概要

ゲームジャンル:サバイバル、ストラテジー、コロニーシム

プラットフォーム:PC

プレイ人数:シングル

発売日:2018年10月17日

おすすめ度:★★★★☆

一言感想:シビアなゲームバランスの基地建設サバイバルゲーム

ゲームレビュー

 とある惑星に不時着した3人の生存者を操作して再び宇宙船を打ち上げるため見知らぬ星で生き抜く、見下ろし方のサバイバルシュミュレーションゲーム。これは一番スタンダードなゲーム開始の設定で、5人で始めることもできたり、別に脱出せずにのんびり暮らしたり、宇宙船を作った後に残された人達でそのまま生活を続けたりもできたりする。

生存者には能力値や能力の伸び率、スキルや病気などの様々なステータスを持っている。プレイヤーは、生存者ごとの得意分野に合わせた仕事を割り振り、生きていくために料理や猟、農業による食料の調達、住む家や宇宙船の建築、研究、そして突然狂暴化して襲い掛かってくる動物や錯乱した味方の生存者、そして敵対している部族の襲撃を生き延びるための戦闘などの要素が存在している。

 また生存者も人間なので、日々の生活や戦闘などでけがや、ストレスなどによる精神的な病気まで様々な要素が存在しており、そのまま放置していれば、けがや病気ならそのまま死んでしまったり、ストレスの原因を放置していれば生存者が精神崩壊を起こすこともある。戦闘によって生存者が死亡し、残された生存者がけがの痛みと仲間の死で精神崩壊、一気に人が減って食料供給のバランスが崩れ、そのまま残りの生存者も栄養失調とストレスでそのまま全滅もありえる。

 また今作ではAIストーリーテラーといってゲーム自体の難易度とは別に今作の特徴の一つである、ゲーム内イベント(突然起こる自然災害や疫病などのマイナスイベントから、救援物資が振ってくるなど)事態の難易度を設定できる。AIストーリーテラーは3種類用意されており、難易度が同じでも、これを変更するだけで一気にゲーム難易度は変わってくるだろう。初心者は素直にいちばんやさしいフェーベを選択した方がいい。

 全体的にシビアなゲームバランスになっており、様々なゲーム内イベントや戦闘、ストレスなど慣れていても特に序盤は1つの油断や判断ミスがそのまま詰みにつながることもある。しかし、難易度やストーリーテラーをやさしいものに設定すれば敵もほとんど襲ってこないので初心者の方や慣れていない人でも安心してゲームを進めることができるだろう。今作では動物と仲良くなれたり、生存者同士が恋人になったり、恋人になった生存者が次の日、敵の襲撃で死んだりと宇宙への脱出やコロニーの運営だけでなく、ゲーム内で起きる様々なドラマを楽しむということできる。グラフィックや難易度でしり込みせずにぜひプレイしてみてほしい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました